クレジットカードのスピード発行とは?

その言葉からもわかると思うが、クレジットカードのスピード発行とは「クレジットカードを通常よりも早く作成・発行してくれるサービス」のことだ。

郵送で取り寄せる場合でも最短なら2~3日程度で受け取り可能。
発行カウンターなどに自分からクレジットカードを受け取りに行く場合なら、即日、つまり申し込んだその日のうちに手に入る場合もあるのだ。

100

上記図のように一般的なクレジットカードでは手元に届くまでに2~4週間程度の期間がかかるのに対し、スピード発行対応のクレジットカードでは、かなり早く届くことがお分かり頂けるだろう。
カードの入手を急いでいるなら、スピード発行対応のクレジットカードを検討してみよう。

しかし、残念ながらすべてのクレジットカードでスピード発行が可能だというわけではない。

統計データを取得したわけではないが、私の感覚でざっくりと言えば、スピード発行が可能なクレジットカードは全体の20~25%程度だと思う。
逆にいえば8割近くのクレジットカードは、発行までに2週間程度はかかると思っておいた方がいいということになる。
大きな流れとして、申し込みから発行までの期間は短縮される傾向にあり、実際にはもう少し早く届く場合もあるだろうが、これくらいの余裕は見ておいた方が無難だ。

スピード発行可能なクレジットカード

アコムマスターカード

アコムマスターカードは3秒診断&即日発行が魅力な消費者金融系クレジットカード。とにかくすぐにクレジットカードが欲しいという方や、クレジットカード会社発行のカードが作れないで困っているという方にお薦めです(パートやアルバイト学生の方も申込可能)。まずは3秒でわかる診断で申込可能かどうかの確認を!

セゾンカード インターナショナル

セゾンカード発行の即日発行可能な年会費無料カード。テレビCMでも有名な永久不滅ポイントが貯まるため、多くの方に人気のクレジットカードになっています。西友系のスーパーで特定日に5%割引も受けられるため、主婦層にも高い人気があります。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

実質、年会費無料で利用することが出来るアメリカン・エキスプレス・カード。大学生や専業主婦でも作ることが可能で、且つセゾンカウンターを利用すればなんと即日発行も可能な点が人気。また、ポイントが失効しない永久不滅ポイントなのも嬉しいですね。

エポスカード

丸井デパートをはじめ、様々な提携施設で大幅割引が受けられるエポスカードは、申し込んだその日のうちに入手できる即日発行に対応!マルイでお得なことは言うまでもありませんが、シダックスやビッグエコーで3割引、ファミレスのロイヤルホストが1割引になるなど、年会費無料カードとは思えないお得さが魅力です。更に無料で海外旅行傷害保険も付帯していますよ。

楽天カード

今や不動の顧客満足度ナンバー1クレジットカードになった楽天カード。楽天市場だけでなくそれ以外でもかなりお得なクレジットカードで、節約を考えるのであればこのカードは絶対に欠かせない1枚であると言えます。現在、入会+利用でなんと5000円分以上の楽天ポイントがもれなく貰えるキャンペーン実施中!

楽天ピンクカード

不動の顧客満足度ナンバー1クレジットカードになった楽天カードが発行を開始した、女性向け楽天カード。楽天市場だけでなくそれ以外でもかなりお得なクレジットカードなので、節約を考えるのであればこのカードは絶対に欠かせない1枚だと言えます。現在、入会+利用でなんと5000円分以上の楽天ポイントがもれなく貰えるキャンペーン実施中!

パルコカード(PARCOカード)

インターネットで申込をして、パルコで受け取れば即日発行も可能(その日のうちに入手できる)。パルコで買い物をするという方はもちろん、どうしてもすぐにクレジットカードが欲しいという方などにも人気のクレジットカードになっています。ETCカード発行も即日対応できますよ。

MUFGカード ゴールド

即日発行は無理ですが、最短翌営業日発行という審査スピードの早さに定評がある低年会費ゴールドカードです。即日審査に対応してくれるため、郵送によるクレジットカード発行では最速になるのではないでしょうか?1年目の年会費が無料になる点も嬉しいですね。

VIASOカード(ビアソカード)

ネット通販でお得な年会費無料クレジットカードが復活!従来通り、使い方次第で最大ポイント還元率10.5%が可能です。更にETCカード利用や携帯電話料金の支払いがポイント2倍になるなど、お得なポイントも追加。以前人気だった海外旅行傷害保険も付帯しています。安心のNICOSブランドも嬉しいですね。

三井住友VISAカード

テレビCMでも有名な『世界で使えるVISAカード』が三井住友VISAカード。世界中の国や地域にあるVISA加盟店で利用可能なので、国内はもちろんのこと、海外でも安心して買い物が楽しめます。最短3営業日のスピード発行に対応しているので、すぐにVISAカードが欲しい方にも最適です。

 

今日すぐ即日発行できるクレジットカードはこれだ!

今日すぐにクレジットカードが欲しい…という時に、助かるサービスが『クレジットカードの即日発行』。即日発行とはその名の通り、申し込んだその日のうちにカード発行&入手できるサービスのことです。

しかしこの即日発行は残念ながら、すべてのクレジットカード会社が対応しているわけではありません。あくまで、ごくごく一部のカードのみが対応しているサービスのため、今すぐカードが必要なのであれば、即日発行対応のクレジットカードを申し込む必要性があります。

  • その日のうちに即日発行できるクレジットカード:

    セゾンカード インターナショナル:

    セゾンカードの年会費無料カードであるセゾンカード インターナショナルは、即日発行対応のクレジットカードです。発行してもらった瞬間からセゾン系列店以外でも利用可能なので、溜まっている携帯電話の支払いなどにも問題なく対応できます(海外でも使えます)。

    即日発行方法はインターネット経由で申込をし、セゾンカウンターが設置されているパルコや西友で受け取る形ですね。郵送で送ってもらう場合には3営業日程度かかるようなのでご注意ください。

    セゾンカードのご入会|クレジットカードは永久不滅ポイントのセゾンカードセゾンカードのご入会|セゾンカード

    エポスカード:

    マルイ系のデパートで即日受け取り可能なエポスカードも、即日発行可能なカード。

    事前にインターネット経由で申込をしておけば審査結果が先にわかる仕組みになっているので、直接マルイにいったけれども審査に落ちてカード発行できなかった…なんて悲惨な目にあわなくて済むのは魅力です。

    また、マルイの強みをいかした割引サービスも豊富に用意されているので、年会費無料で気軽に作れるクレジットカードとしても人気がありますよ。

    エポスカード|エポスデザインカード EPOS DESIGN CARDエポスカード|エポスデザインカード

    アコム マスターカード:

    アコムマスターカードは、大手消費者金融であるアコム発行のクレジットカードです。申し込みしたその日のうちにカードを発行してくれるのですが、まぁ正直なところ、生活費に困って即日カードが必要…という状況でないのであれば、敢えてこのカードを作る必要性はありません。

    反面、消費者金融のクレジットカードだけあって、収入が少ない状況やキャッシング利用歴がある状態でも楽に入手できるカードにもなっています。他のクレジットカード審査に通らない状況下では、助かる存在になるのも事実ですね(ご利用は計画的に!)。

    キャッシングのアコム|キャッシング、カードローン、融資なら消費者金融のアコムアコムのクレジットカード『ACマスターカード』

    MUFGカード ゴールド:

    即日発行は出来ないゴールドカードですが、郵送で自宅に届けてもらうことが出来るクレジットカードとしては一番早く届くカードのひとつです。最短翌営業日発行が可能なので、例えば月曜日の朝9時よりも前に申込をすれば、翌日の火曜日に自宅に郵送されてくる…なんてこともありえます*1

    自分からクレジットカードを受け取りに行くのは面倒だけれども、出来る限り早くカードを届けて欲しい!という方にお薦めのゴールドカードですね(年会費は初年度無料キャンペーン中につき、1年間は無料で使えるカードです)。

    MUFGカード ゴールド | ゴールドカード(MasterCard・Visa・JCB)なら三菱UFJニコスMUFGカード ゴールド | 三菱UFJニコス

    その他、スピード発行可能なカードは?

    その他、自宅への郵送スピードが早いクレジットカードとしては、楽天カードや三井住友VISAカードがあげられますね。

    だいたいどちらも1週間以内には自宅に届いてしまうと思うので、そこまで発行を焦っていない場合にはこれらのカード申し込み→郵送によるカード配達を待つという形でもOKかもしれません(申込後、2日で家に届いた…という例も)。いやいやもう時間がないよ…という方は、即日発行カードをねらうのがおすすめです。

クレジットカードキャッシングの仕組み

早急にまとまった額のお金が必要になったとき、あなたならどうしますか?

「貸してくれる人を探す時間もなく、銀行や消費者金融のローンを申込む時間もない」

こんなときは、クレジットカードのキャッシングが便利だと思います。

カードのキャッシングなら、申込みも審査も不要です。

カードさえあれば、銀行やコンビニのATMから現金を引き出すことができます。

しかし、これまでクレジットカードのキャッシング機能を利用したことがない場合、いくら借りられるのか、金利手数料はどのくらいなのか、どうやって利用すればいいのかなど、わからないことは多いですよね。

そこで今回は、急な出費に備えて知っておきたいクレジットカードのキャッシングについて、金利の相場から利用方法、メリットや注意点まで気になるところを調査しました。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。

ショッピング枠とは

ショッピング枠は、その名の通りカードで買い物や支払いをするときの限度額です。

例)ショッピング枠30万円のカードなら、最大30万円まで買い物できる
1回払いなら手数料は無料ですが、分割払いとリボ払いの場合は手数料が発生します。

キャッシング枠とは

一方、キャッシング枠とは、カードでお金を借りるときの限度額です。
例)キャッシング枠30万円のカードなら、最大30万円まで借入れ可能

こちらは利用すれば、必ず金利手数料が発生します。
キャッシング枠はショッピング枠に含まれている

キャッシング枠はショッピング枠に含まれています。

たとえば、ショッピング枠60万円、キャッシング枠20万円のカードがあるとしましょう。

このカードで50万円の買い物をしたら(ショッピング枠を50万円使ったら)、キャッシング枠は10万円まで下がってしまいます。

いくら借りられる?

キャッシング枠の金額は、カードごとに異なります(カード申込時の審査で決まります)。

一般的に、信用度が高い利用者ほど、大きな枠をもらえるのです。

ただし、通常は20万~30万円程度に設定されることが多いようです。

自分のカードにいくらキャッシング枠が設定されているかわからない場合は、カードの利用明細かカード会社のホームページ(会員ページ)を確認しましょう。

もしキャッシング枠がついていなかったら、改めてカード会社に申込む必要があります(カード会社の会員ページや電話から申込めます)。

もちろん審査があるので、枠をもらえない可能性もあります。

また、すでにあるキャッシング枠の増額を申込むこともできますが、こちらも審査があります。

審査の結果、枠を減らされるリスクもあるので要注意です。

金利手数料はどのくらいかかるの?

カードの種類やキャッシング枠によって異なりますが、多くのカード会社が年18%を採用しています(枠が100万円以上の場合は年15%)。

大手の消費者金融と同程度の金利ですね。

自分のカードに設定されている金利手数料がわからない場合は、カードの利用明細かカード会社のホームページ(会員ページ)を確認しましょう。

繰上げ返済は可能?

一括での返済が厳しい場合は、やむをえずリボ払いを選択するしかありません。

そうなったら、毎月の引き落としを待つだけではダメです。

余裕があるときに繰上げ返済をおこないましょう。

繰上げ返済をおこなえば、その分は元金にあてられるので、返済期間が短縮され、完済がはやまります。

結果的に利息を節約できるのです。

~クレジットカードキャッシングのメリットと利用時の注意点~

ここまでクレジットカードのキャッシングについてみてきましたが、最後にクレジットカードキャッシングのメリットと利用時の注意点をまとめたいと思います。

メリット

  • 持っているカードにキャッシング枠があれば、申込みも審査もなしですぐキャッシングできるので、急な出費にも対応可能
  • 利用方法は簡単(ATMを利用するか、電話・会員ページから申込めば口座に振り込んでもらえる)
  • 海外で利用することもできる

    注意点

  • キャッシング枠を設定してもらえないこともある(審査で判断される)
  • ショッピングの一括払いとちがい、キャッシングは一括払いでも日割で金利手数料が発生する
  • キャッシングを利用すると、その分ショッピング枠が減る
  • 返済方法をリボにすると、支払期間が延びるため 多くの利息を支払わなければならない
  • 繰上げ返済に対応していないカードもある

また、クレジットカードのキャッシングは、銀行のカードローンに比べて高金利です。

返済が長期に及ぶ場合は、このような低金利ローンの利用を検討してください。

カードローンを利用するなら、申込みも審査も必要になりますが、余裕のあるときに申込みカードを発行しておけば、いざというときにすぐ借入れできますよ!

クレジットカードのキャッシングは手軽に使えて便利ですが、やはり金利は安くないので、利用する際は必要な金額だけにとどめ、できるだけ早く完済してしまいましょう。

金利比較で違いがわかるキャッシングとカードローンの差

クレジットカードって本当に便利なアイテムですよね。

高額な買い物や旅行先での買い物はもちろんなのですが、日常生活でも意外と使う機会が多くメリットも大きいんですよね。

そんな便利なクレジットカードですが使い方に気をつけないと手数料で損をしてしまうんですよね。

クレジットカードの金利

日本の有名クレジットカードの分割払い手数料(実質年率金利)

カード名 ショッピング分割実質年率
イオンカード 1.65 ~ 19.80%
オリコカード ザ ポイント 2.04 ~ 16.32%
JCBカード 2.51 ~ 16.37%
三井住友VISAカード 2.01 ~ 16.08%
Yahoo!JAPANカード 3.01 ~ 19.82%

上記の表は、分割払いの実質年率金利表です。

クレジットカードは1回払いや2回払いなら手数料がかかりません。

3回以上の分割払いは、分割回数に応じて手数料が発生します。

イオンカード
分割回数 3回 15回 36回
実質年率 1.65% 8.25% 19.80%
オリコ ザ ポイントカード
分割回数 3回 6回 18回以上
実質年率 12.20% 13.90% 15.00%
Yahoo!JAPANカード
分割回数 3回 12回 24回
実質年率 10.25% 12.50% 12.75%
※表内は手数料を実質年率に直したものです

20万・30万など利用金額が大きいほど分割回数を増やさないときついので利用金額が高くなるほど金利が高くなると言えます。
(手数料が高くなる)

この考えでいくと実質的には利用額に比例して金利が上がるシステムです。

分割回数次第では、ほとんど金利はかかりません。

日本の有名クレジットカードの分割払い手数料(実質年率金利)

カード名 キャッシング枠実質年率
イオンカード 7.8 ~ 18%
オリコカード ザ ポイント 15 ~ 18%
JCBカード 15 ~ 18%
三井住友VISAカード 14.4 ~ 18.0%
Yahoo!JAPANカード 14.94 ~ 17.94%

こちらは各社のキャッシング枠にかかる金利(実質年率)です。
ショッピング枠と比較すると明らかに金利が跳ね上がっているのが分かります。

金利の幅はありますが、利用額が多くない限り金利は一番高いモノに設定されます。

実は、クレジットカードのキャッシング機能は、カード会社にとって利益を上げるポイントなので金利が高めな場合が多いです。

この事実を知らずにクレジットカードを利用していると知らない間に損をしていた・・・
なんて事が起こります。

銀行系カードローンの金利

日本の銀行系カードローンの実質年率金利

カード名 実質年率
みずほ銀行カードローン 4.0 ~ 14.0 %
イオン銀行カードローン 3.8 ~ 13.8 %
楽天銀行カードローン 1.9 ~ 14.5%
新生銀行カードローン レイク 4.5 ~ 18.0%

こちらは日本で人気の銀行系カードローン各社の実質年率表です。

クレジットカード会社のキャッシング枠に比べて明らかに金利が低いのが分かります。

結論から言うと、キャッシングを利用するならクレジットカードではなく銀行系カードローンを利用したほうが金利で損をしないと言えます。

しかも、銀行カードローンは借入額が多いほど金利も下がっていくのでさらにお得になります。

30万円キャッシングした場合

イオンカードとイオン銀行カードローンで、それぞれ30万円キャッシングした時の利息は以下の通りです。

イオンカード イオン銀行カードローン
実質年率 7.8 ~ 18.0% 3.8 ~ 13.8%
適用年率 18.0% 13.8%
返済回数 56回 56回

■実際の計算過程

利息の計算方法は
利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数 です。
■イオンカード■
実質年率:7.8 ~ 18.0%
返済回数:56回(借入額)300,000円 × 実質年率(18.0%) ÷ 365日 × 1680日 =248547円
■イオン銀行カードローンBIG■
実質年率:3.8 ~ 13.8 %
返済回数:56回(借入額)300,000円 × 実質年率(13.8%) ÷ 365日 × 1680日 =19553円
シミュレート条件
・最低返済額を8000円で計算
・返済回数はイオンカードに合わせています
・実際の利用条件とは異なります

■支払利息■

支払利息 248547円 190553円
利息差 イオンカードのキャッシング枠だと57994円も損してる!

表を見て分かる通り、30万円借り、同じように返済しても最終的にはイオンカードのクレジット枠の方が6万円近く損をする事が分かります。

親会社が同じにも関わらず、カードローンを利用するか、キャッシング枠を利用するかでここまで利息に差が出てしまいます。

 

ブラックでも即日融資をしてくれる金融業者

ローンやキャッシングの返済を長期にわたって滞らせたり、返済不能になった人をブラックといいます。

過去に返済トラブルを起こしているので、融資をしても完済の見込みがあまり無い人として見られています。

一旦金融ブラックに名前が入ると、個人の信用情報にそのことが記載されますので、以後の審査を通過しづらくなってしまいます。

新規の借り入れを申し込んだとしても、信用情報会社にブラックの情報がある人は警戒されます。

審査を短時間で行っているようなスピードキャッシングでも、金融ブラックに名前が入っているような人が申し込めば、すぐにOKとはいきません。

ブラックな人でも、スピード融資をしているという広告を出しているような金融会社もありますが、そんな業者は営業が成り立っているのかと思いたくもなります。

ブラックに名前がある人に対して、即日で融資をしてくれるような金融会社は、まず存在しないものと考えたほうがいいようです。

確かに融資をするかどうかの判断は各金融業者の自由となっているため、別にブラックだから即日融資をしてはいけないなどの決まりはありません。

で、リスクのある顧客に融資をすることになります。法律に抵触するくらいに金利をつり上げたり、脅しまがいのことをして返済を迫るといった金融会社でなければ、ブラックに融資を行ったりはしません。