低金利の融資を受ける場合は銀行が最適

Pocket

キャッシングを取り扱っている金融会社には、消費者金融会社、信販会社、銀行などが知られています。

これらの中からどこを利用するか検討するときに、低金利に着目する場合は銀行が最適になります。

銀行以外の金融会社は、審査の基準があまり厳しくないですが、それだけに貸し倒れを警戒して、金利を高く設定しているようです。

返済不能状態になる人がいても、金融会社の儲けを確保できるように、あらかじめ金利を高くして、利息を多くとっています。

その点、銀行は審査のハードルを厳しくすることで、低金利でも利益が出るようにしています。

とはいえ、融資の条件には色々なものがありますので、低収入でも融資可能なキャッシングは、銀行でも高金利です。

いくらまでの借り入れが可能かと、金利がどのくらいに設定されているかに、関係性がある場合があります。

消費者金融でも限度額の上限が高いものがありますが、総量規制の制限があるため、年収も高くなければ法的に適用できず、実際に上限の限度額にするのは困難です。

貸付金額が法律によって頭打ちの状態になっていますので、金利を低く設定する余地がないこともあります。

一方、銀行は総量規制を越える金額を借りることができますので、大口融資にする分、低金利で貸し付けることができます。

いくつかの要素が相まって、銀行は低金利での融資を行いやすい状況になっています。

以前は、銀行のキャッシングは審査の結果待ちの期間が長くなると言われていましたが、最近では即日融資に対応している銀行もあります。