自己破産をした後に金融機関で融資を受けられる可能性

自己破産をしてしまった人は金融機関で融資を受けることは可能なのでしょうか。

借りていたお金を返すことが出来ずに自己破産をしてしまった人でも、お金を借りなければならないケースがあると思います。

金融機関から融資をしてもらうことが可能なのかどうか、気になるところです。自己破産をしたことがある人でもキャッシングは利用できることがありますが、前提条件があります。

自己破産した後の5年間は、ブラック登録されているので、その間の借入れはかなり難しいと考えなければなりません。

銀行は、自己破産をしてから10年以内は新規の融資をしないようにしていますので、基準が厳しめです。

銀行との取引が可能になるのは、免責が下りてから10年経って後のこととなります。

それから5年または10年が経過しても、自己破産の対象となった金融機関は、いわゆる社内ブラックとなっている可能性があるため、審査に通りにくくなっている可能性が高いです。

たとえ10年以上経過していたとしても、融資をしてもらえないこともあります。

今まで使ったことがない金融機関に、融資の申込みをするようにしましょう。

収入がなければブラックの記録が消えていたとしても、融資は不可能ですので気をつけましょう。

金融機関によっては、自己破産したことよりも他の要素のほうを重視することがありますので、新規の貸し付けが可能なところも十分あります。