自己破産をしていても融資の審査は通るのか

Pocket

過去に自己破産を行た人が融資を受けることができるのかという疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

今まで自己破産をしたことがある人の中には、新しくローンを組みたいけれども、自分には無理だろうと諦観している人もいます。

けれども、昔、自己破産の経験はあるけれども、新規の融資を利用できているという人は少なくありません。

融資を希望する時に、自己破産をしていた人でも、ある一定の条件によって、お金が借りられます。

まず最初に自分自身の信用情報について、調べることが必要になってきます。

最後に自己破産をしてから5年以上が経過しているかどうかを知ることで、新規の融資が可能になるか知ることができます。

5年というのは自己破産の記載が消えているのかどうかということを意味してきます。

一般的に考えて、信用情報会社に過去の自己破産履歴が記録されているうちは、新しい融資でも審査が厳しくなりがちです。

自己破産をした時に借りていた金融着会社には、年数とは関係なく新規融資は不可能です。

できるだけ審査をクリアする可能性を上げたいならば、これまで利用したことがないところから借りるようにしましょう。

ブラックとして登録されている5年間が過ぎて、信用情報が回復した状態であれば、破産時に対象となっていた金融業者を外して、融資先を探すとよいでしょう。

キャッシング会社は、自己破産してから5年の間は信用情報が回復していないとして新規の融資を行いませんが、5年たって問題が発生していないなら、ローンを新しく組むことなどは問題なく実行できます。