携帯の料金を滞納しているとキャッシングできないのか

Pocket

携帯電話の契約をしていれば、毎月通話料を請求されますが、請求された金額を払っていない人もいます。

月々の携帯電話の請求を無視した状態で、新規のキャッシングを利用することは、可能なのでしょうか。

携帯電話料金を何ヶ月も支払いっていない人の中には、ブラックリストに名前が入ってしまうことがあります。

口座の残高チェックをおろそかにしていて、引き落とし日にちょっと間に合わなかったくらいなら問題ありません。

支払わなければいけない日から61日以上、支払いを滞らせた場合には、個人信用情報に異動という情報が残ります。

異動とは、携帯電話の請求をされても、滞納状態をずっと続けていたという意味合いです。

異動という記録がある人は、新規のクレジットカードの申し込みをした時や、ローンを組もうとした時に、審査で落ちてしまいます。

新しく融資が受けられなくなるだけでなく、現時点で利用しているキャッシングローンの融資もとまってしまうといいます。

キャッシングでは、新規融資を行う時には審査の段階で個人情報の確認をします。

それだけでなく、既存のキャッシング融資も困難になってしまいます。

今まで使っていたクレジットカードや、キャッシングカードの使用ができなくなってしまったり、どの金融機関でも新規の融資が断られてしまうことがあります。

また、キャッシングの返済を長期間にわたって滞らせているという時も、個人信用情報は記録が残ることになります。

キャッシングの返済を滞らせている時に、携帯電話の契約を見直したり、携帯の買い換えをしようとすると、新規契約に支障が出ることがあります。