キャッシングとカードローンの意味の違い

Pocket

英語のキャッシュがキャッシングの元になっていますが、日本では、キャッシングとは個人融資の金融サービスです。

ローン会社が発行するカードで、融資の手続きをするものがカードローンとなります。

コンビニや金融機関で設置されているCDやATMと呼ばれる機械をカードを差し込んで操作するようになっています。

融資の申し込みをする時は、ATMからの手続きを行うことになりますので、まるで口座からお金を出しているようです。

今では、ほとんどのキャッシング会社がカードをつくっていますので、カードローンとはキャッシングのことにもなっています。

以前はキャッシングサービスを提供していた消費者金融会社は、店舗の窓口で直接お金を貸し付けるといった方法が一般的でした。

しばらくしてから、専用のATMを置くようになったり、一部銀行のATMを使う時代を経て、最近はコンビニ等でもATMが利用できます。

キャッシングの意味は、以前は、お金を必要としている個人に対して、消費者金融会社が融資を行うというものでした。

同じようにカードローンといえば、銀行などの金融機関が提供する個人向け小口融資というように、呼び方は異なっていました。

カードローンと、キャッシングには、明らかな違いがありましたが、現在では違いが完全に埋まってきています。

最近では、銀行がバックにいる消費者金融会社も登場しており、カードだけでくネットバンクからのお金のやり取りもふえて、状況は変わっています。

銀行の傘下に入った消費者金融などでは、カードローンという名称を使うようになっており、線引きが無くなっているケースも見かけます。