主婦がキャッシングを利用する場合の注意点

Pocket

今すぐにでもお金が必要だけど、主婦なので審査に通りにくいという人にとって、主婦OKのキャッシングは大歓迎です。

かつては、キャッシングを利用するには、正社員などのコンスタントな月収が条件になっていました。

キャッシングサービスはニーズと共に多様化しており、主婦のような収入が無い人でも利用できるようになってきました。

ただし、主婦がキャッシングの申し込みをするに当たっては、事前に把握しておきたいことが幾つかあります。

キャッシングの関わる法律が改正されたことから、融資可能な金額の合計は、年収の3分の1までという、総量規制という決まりができています。

主婦でも、パートやアルバイトとして働いている人いるでしょうが、当人が無収入である場合は、審査の段階で断られてしまう可能性が高いとので、気をつける必要があります。

配偶者貸付制度を利用することで、自身の収入がない専業主婦でも、キ]ャッシングの申し込みをすることができます。

自分の収入がなくても、配偶者の収入があれば、その3分の1まで融資を受けられるというもので、条件として配偶者の同意を得なければなりません。

銀行のカードキャッシングは、総量規制対象外になるので、融資額が低ければ収入証明書なども特に必要ありません。

銀行の融資は、主婦でも手続き自体は可能ですが、基本的には世帯主の収入を条件にしている銀行が多いといいます。

キャッシングの申し込みでは、内容が事実と齟齬があったり、他の金融機関から融資を受けていると、信用が低下することがあります。

キャッシングの審査は、確実に返済ができる顧客を金融会社が見極めるための重要なステップですので、きちんと書類を作成してください。