スポンサーリンク

キャッシング審査・契約

専業主婦でも即日でキャッシングが可能なのか

投稿日:2017年9月8日 更新日:

Pocket

専業主婦がキャッシングを利用したいという場合は、仕事を持っている人と違って、勤続年数や、雇用形態について書くべき事柄が存在しません。

金融会社によっては、専業主婦が申し込んできた時に、お金を貸すことがあるでしょうか。

キャッシングの利用については、専業主婦でも、可能になることがあります。
キャッシングを利用する時には、専業主婦本人の収入が全くない場合でも、世帯主の収入を信用にして融資をすることが可能です。

配偶者が仕事をしていて、安定した収入を得ていることがわかれば、キャッシングの手続きはできます。

最近では、即日キャッシングも盛んに行われていますので、申し込み日の当日中に専用のカードを受け取ることができます。

けれども、キャッシングの申し込みを専業主婦が行ったという場合は、金融会社は配偶者の在籍確認をする必要があります。

専業主婦がキャッシングの手続きをする時には、配偶者の勤務先企業に関する情報がいります。

本当のその会社に申し込み者の配偶者で働いているか、審査中に電話をかけて確認する金融機関が大半です。

専業主婦がキャッシング会社から融資を受けたいと思ったならば、審査に通るためには、配偶者の勤務先や収入が必要になるという形です。

キャッシングの融資を受ける時には、専用の申込用紙に必要事項を記載するだけでなく、本人確認が可能な免許証などが必要になりますので、即日融資を受けるためには持参しましょう。

自分自身が働いていない専業主婦でも、キャッシングの即日融資ができることがあります。

 

専業主婦でも内緒で利用できるキャッシング

 

仕事をしていない専業主婦でも、キャッシングを利用したいということがあります。

配偶者に内緒でキャッシングを利用できないかと考えている専業主婦も大勢いるようです。

無担保で、無保証人でも融資が受けられることが、キャッシングを使うメリットの一つといえます。

原則収入がある人のみに限られていますので、専業主婦の場合にはそもそも借り入れができない可能性もあります。

世帯の収入源となっている配偶者が融資に同意している場合は、専業主婦も審査に通ることがあります。

キャッシングを希望する専業主婦がお金を借りる時には、配偶者の同意書や、収入を証明する書類、在籍確認ができるものなどが必要になります。

そのため、専業主婦が、配偶者に一言も言わずにキャッシングを利用するということはまずできません。

もしも、誰にも気づかれずにキャッシングを使いたいと思ったら、自分名義の収入源として、パートやアルバイトをするといいでしょう。

法律では、キャッシングで借りられる金額は、年収の1/3定められています。

従って、アルバイトなどで働いて、収入を確保することが、キャッシングを使う条件になります。

銀行系では収入による融資額の制限はありませんが、基準は消費者金融系と同じように調整していますので、とびぬけて高額の借り入れをするというのは難しいでしょう。

キャッシングの事実を隠匿したいなら、キャッシング会社に秘密にしておいて欲しいと言っておきましょう。

事前に頼んでおけば、金融会社サイドも、電話や郵送物がある場合にも、会社名を出さず、担当者の個人名で連絡をするなどの工夫をしてもらえます。

専業主婦がキャッシングを使って借り入れを行う方法

ローンや観光葬祭など、支出の額が多くなりすぎて、収入だけでは支払いが困難な専業主婦もいるでしょう。

キャッシング会社から融資を受けることによって、足りない時のお金を補填するというやり方があります。

収入がない専業主婦でも使えるキャッシングがありますので、困った時にはとても重宝します。

スムーズにキャッシングを利用するためには、専業主婦でも融資が受けられる金融機関なのかどうかをチェックしておくといいでしょう。

月々一定の収入を確保できていない専業主婦でも、借り入れ可能な金融機関を探すことがポイントになります。

キャッシングの審査は、金融機関によって結果の出方が違いますので、一律同じ結論が出るというわけではありません。

申し込み者の年齢や、収入の安定度合いをどこまで重視しているかは、会社によってまちまちです。

基本的な条件をクリアできていなければ審査の時点で断られてしまいますので、そういったことを踏まえてキャッシング会社を選びましょう。

最近は、収入のない専業主婦にも融資をしている大手の銀行もありますので、年収だけが理由でキャッシングが使えないということはありません。

もしも、キャッシング会社から融資を受ける時には、返済金額の合計は、年収の3分の1を越えない範囲で借りることという法律が定められています。

そのため、年収0円の専業主婦は、消費者金融機関からお金を借りることができません。

そうなると、銀行系の消費者金融機関を選ぶべきでしょう。

キャッシングに関する法律に抵触せず、専業主婦がお金を借りるためには、自分自身でお金を稼ぐか、法律の規制対象になっていない銀行系キャッシングを使う必要があります。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

-キャッシング審査・契約
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

専業主婦でも即日でキャッシングが可能なのか

専業主婦がキャッシングを利用したいという場合は、仕事を持っている人と違って、勤続年数や、雇用形態について書くべき事柄が存在しません。 金融会社によっては、専業主婦が申し込んできた時に、お金を貸すことが …

キャッシングの審査に通過できない理由について

返済能力の有無が、キャッシングの審査の結果に深く関わっています。 返済能力に不安がある人に対しては、審査ではノーという答えが出されます。 どんなに150万円を借りたいと申し出たとしても、返済能力が10 …

スピード融資可能なキャッシングは大変便利

近年のキャッシングは、審査にかかる時間が短くなっており、あっという間に融資が受けられます。 緊急のお金の支払いが舞い込んできた時、銀行や消費者金融からキャッシングするととても便利です。 キャッシングが …

自己破産をした後に金融機関で融資を受けられる可能性

自己破産をしてしまった人は金融機関で融資を受けることは可能なのでしょうか。 借りていたお金を返すことが出来ずに自己破産をしてしまった人でも、お金を借りなければならないケースがあると思います。 金融機関 …

信販系のキャッシングの利用方法について

銀行系キャッシングや、消費者金融系キャッシングと比べて、信販系キャッシングはどこが違うのでしょう。 キャッシングやカードローンには大きく分けて、銀行系、消費者金融系、そして信販系の3つが存在します。 …

TOP