スポンサーリンク

キャッシング審査・契約

キャッシングの審査に通過できない理由について

投稿日: 執筆者:管理人

Pocket

返済能力の有無が、キャッシングの審査の結果に深く関わっています。

返済能力に不安がある人に対しては、審査ではノーという答えが出されます。

どんなに150万円を借りたいと申し出たとしても、返済能力が100万円以下だと判断されれば、150万円の融資は無理な話です。

たたし、キャッシングの審査は、金融機関によって異なっていて、実際の基準がどう設定されているかは未公開情報です。

これまで、キャッシングで融資を受けて、返済を遅らせたことがあると、審査ではマイナスに判断されます。

審査に通れない大きな理由としては、これまで融資を受けたことはあるけれど、返済をきちんとできていなかったという人です。

基本的に、債務整理をしてから5年間は、新しくキャッシングサービスを使うことはできません。

どの金融機関でも、審査をクリアすることはます無理です。
時たま、債務整理後4年で次の融資が認められたという人もいますが、大抵は5年は待たなければ審査はクリアできません。

もしも、新たにキャッシングの審査を受けることになったら、事前にできる準備をしておきましょう。

できるだけ、借入金額を低くできるように、お金のやりくりや、現状の把握に努めるようにしましょう。

借入希望金額が小さければ、キャッシング会社としても貸しやすくなります。

審査の基準も低く抑えられますし、結果として融資が受けられます。なぜ審査に落ちたかを金融機関は教えてくれないので、推測を立てて、次に生かすしか方法がありません。

キャッシングの審査が不安な人は事前に内容を確認しておこう

消費者金融会社が扱っているキャッシングサービスは、煩雑な手続きなしにお金を借り入れることが可能です。

金融会社は、新規の申し込み者があった時には、審査を行って、返済能力がどのくらいあるかを審査します。

キャッシングの審査は、申し込み者の信用力を確認し、貸付条件を明確にするために行われています。

キャッシング初体験の人は、審査の結果によってキャッシングの可否が決まると聞くと、身構えてしまうかもしれません。

審査ではどんなことをするかを知ることが、気分を軽くする道です。

キャッシングの審査では、氏名や住所などの基本情報と勤務先や勤続年数、年収などのような様々な個人情報についても答える必要があります。

最近は、スコアリングというコンピューターを用いた審査の方法が一般的で、各項目のトータルを評価することになります。

多くの場合、審査をする時に、年齢や、収入など、基本的な条件をクリアしているかどうかを見極めます。

今、どこかのキャッシングやローンを使っているかや、今までキャッシングを使ったことがあるかも審査対象になります。

今までキャッシングを使ったことがある人は、返済を滞らせたことがないかや、債務整理をしたことがあるかどうかといった点が、審査ではチェックされます。

また、消費者金融会社のキャッシングを利用する場合は、貸金業法による総量規制の対象になっていますので、年収の1/3までが融資額の最大値になるという制約が設けられています。

キャッシングの申込み時に行われる審査について予め把握しておくことで、スムーズに融資を受けることができるようになります。

スポンサーリンク

-キャッシング審査・契約
-, ,

執筆者:

関連記事

キャッシングの審査に申し込みをする方法

お金が急に必要になった時には、キャッシングを利用するというのもひとつの方法です。 最近は、申し込みも気軽にできるようになりましたので、思い立ったら即手続きをするということもできます。 実際にキャッシン …

信販系のキャッシングの利用方法について

銀行系キャッシングや、消費者金融系キャッシングと比べて、信販系キャッシングはどこが違うのでしょう。 キャッシングやカードローンには大きく分けて、銀行系、消費者金融系、そして信販系の3つが存在します。 …

キャッシングを利用するなら即日に借入れができる会社

以前と比べれば、キャッシングは誰でも使えるようになってきていて、申し込み手続きがスムーズになりました。 融資を受ける場合には通常であれば、審査に日数が掛かるものですが、中には即日に融資されるキャッシン …

金利比較で違いがわかるキャッシングとカードローンの差

クレジットカードって本当に便利なアイテムですよね。 高額な買い物や旅行先での買い物はもちろんなのですが、日常生活でも意外と使う機会が多くメリットも大きいんですよね。 そんな便利なクレジットカードですが …

キャッシングの審査に申し込みをする方法

お金が急に必要になった時には、キャッシングを利用するというのもひとつの方法です。 最近は、申し込みも気軽にできるようになりましたので、思い立ったら即手続きをするということもできます。 実際にキャッシン …

TOP