専業主婦でも内緒で利用できるキャッシング

Pocket

仕事をしていない専業主婦でも、キャッシングを利用したいということがあります。

配偶者に内緒でキャッシングを利用できないかと考えている専業主婦も大勢いるようです。

無担保で、無保証人でも融資が受けられることが、キャッシングを使うメリットの一つといえます。

原則収入がある人のみに限られていますので、専業主婦の場合にはそもそも借り入れができない可能性もあります。

世帯の収入源となっている配偶者が融資に同意している場合は、専業主婦も審査に通ることがあります。

キャッシングを希望する専業主婦がお金を借りる時には、配偶者の同意書や、収入を証明する書類、在籍確認ができるものなどが必要になります。

そのため、専業主婦が、配偶者に一言も言わずにキャッシングを利用するということはまずできません。

もしも、誰にも気づかれずにキャッシングを使いたいと思ったら、自分名義の収入源として、パートやアルバイトをするといいでしょう。

法律では、キャッシングで借りられる金額は、年収の1/3定められています。

従って、アルバイトなどで働いて、収入を確保することが、キャッシングを使う条件になります。

銀行系では収入による融資額の制限はありませんが、基準は消費者金融系と同じように調整し

ていますので、とびぬけて高額の借り入れをするというのは難しいでしょう。キャッシングの事実を隠匿したいなら、キャッシング会社に秘密にしておいて欲しいと言っておきましょう。

事前に頼んでおけば、金融会社サイドも、電話や郵送物がある場合にも、会社名を出さず、担当者の個人名で連絡をするなどの工夫をしてもらえます。